次回の展覧会

  開催前  

日本絵画 美の再発見展 ~大観、松園を中心に~

2019年9月13日(金)~12月8日(日)
休館日:月曜日(ただし祝日は開館)

「くらべる」をキーワードに、横山大観や上村松園らの近代日本絵画、ファン・ゴッホやルノワールなど近代洋画の魅力を幅広くご紹介する鑑賞入門第11弾。

画業の初期と晩年の作品をくらべることで、若き日の葛藤や画家が追い求めた美の境地が見えてくるでしょう。また、師と弟子が、同じ画題、同じ年代に取り組んだ作品を並べてみると、憧れの存在からライバルへとその関係を変えながらも、それぞれの画境を極めゆく画家の姿が垣間見えます。

この他、富士山や奥入瀬、瀬戸内など、同じ風景を描いた画家たちの作品を比較したり、ファン・ゴッホやルノワール、ブラマンクといった西洋の巨匠に影響を受けながら自己の表現を追求した日本人画家の作品を並べて展示。

くらべることで見えてくる新たな作品の魅力を、ぜひこの機会にご堪能ください。

主な出品作品

上村松園《美人之図》《雪吹美人図》《舞仕度》、横山大観《秋野》《霊峰不二》《神霊不二山》、川合玉堂《春雨》、
橋本関雪《片岡山のほとり》《猫図》、藤島武二《カサ・ディ・ヴェッティ》《太陽のある風景》、熊谷守一《裸》《裸婦》、
梅原龍三郎《富士山図》、片岡球子《東海道の富士》、ファン・ゴッホ《農婦》、ルノワール《花かごを持つ婦人》《婦人習作》、佐伯祐三《リュ・エルネスト》ほか約70点

上村松園
《雪吹美人図》1911年

横山大観
《月》1909年

上村松園
《舞仕度》1914年

橋本関雪
《片岡山のほとり》1911年

藤島武二
《カサ・ディ・ヴェッティ》1908-09年頃

中村彜
《女》1911年頃

【特別公開】
ファン・ゴッホ
《農婦》1884-85年

入館料

日本絵画 美の再発見展 ~大観、松園を中心に~
一 般 1,200(1,050)円
高大生 600(500)円

※常設展(新館)もご覧いただけます。
※()内は有料入館者10名以上の団体料金および前売料金

 無料  中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料(学生証・手帳をご提示ください)

 前売券  ローソン(Lコード62292)、チケットぴあ(Pコード769-870)にて8/10頃~販売

0829-40-3001

休館日

    • 休館日は展覧会ごと設定されております。詳しくは、開館日カレンダーをご覧ください。
    • 各展覧会前後は展示替えのため数日間休館します。
    • 冬期休館(2019年12月9日~2020年3月上旬)

カレンダー

休館日 イベント日

2019年度展覧会日程

※展覧会の内容は変更になる場合があります。

 終了  会期:3月9日~4月21日
華やぎアート展
~エミール・ガレ、ミュシャを中心に~

 終了  会期:4月26日~6月30日
"超絶技巧の木彫アート"
前原冬樹 木彫 一木に刻む時の記憶

 開催中  会期:7月5日~9月8日
動物写真家・浅尾省五と野生の仲間たち

 開催前  会期:9月13日~12月8日
日本絵画 美の再発見!
~大観、松園を中心に~(仮称)

facebook