次回の展覧会

"超絶技巧の木彫アート"
前原冬樹 木彫 一木に刻む時の記憶

2019年4月26日(金)~6月30日(日)
休館日:月曜日(ただし4月29日・5月6日は開館)

どこから見ても本物にしか見えない…その精緻で写実を極めた類稀な技巧を超絶技巧と評されることも多い前原冬樹。一つの木の塊から細密にもののかたちを彫り出し、油彩で質感や風合いを表現することで、懐かしくも失われゆく風景や、ものの朽ち果て際の美しさをモチーフに作品をつくり続けています。

1962年、東京都に生まれた前原冬樹は、20代の頃、プロボクサーとして10年間活動。引退後は、32歳で東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻に入学。
1998年、卒業制作として絵画と木彫による半立体の作品に取り組んだことを機に、以後、独学で木彫の道を歩む、異色の経歴を持つ作家です。

錆び付いた非常階段にそっと置かれた小さな折り鶴、使い込まれた自転車の皮のサドル、皿にぽつんとのせられた梅干し…前原冬樹ならではの感性によって生み出されるそれらの作品をじっと見つめていると、心に降り積もった記憶のかけらを凝縮した風景が鮮やかによみがえってきます。

本展は、前原冬樹の初期の作品から最新作まで約40点をご紹介する、西日本初の本格的な個展です。前原冬樹の木彫作品を存分に愛で、ご堪能いただければ幸いです。

彫刻家 前原冬樹

木彫家 前原冬樹
(撮影:山下武)

Official HP

《一刻》(非常階段に折鶴)

《一刻》(非常階段に折り鶴)
朴・柘植、油彩 2012年

《一刻》(ロボットの腕)

《一刻》(ロボットの腕)
朴、油彩・墨 2014年

《一刻》(畳に落花生)

《一刻》(畳に落花生)
桜、油彩・顔料 1998年

《一刻》(梅干し・皿)

《一刻》(梅干し・皿)
朴、油彩 2010年
(撮影:木奥惠三)

《一刻》(タイル・うさぎりんご)〈部分〉

《一刻》(タイル・うさぎりんご)〈部分〉
朴、油彩 2018年

《一刻》(刀)〈部分〉

《一刻》(刀)〈部分〉
朴・桜(台)、墨・油彩
(撮影:T.MINAMOTO)

《一刻》(漂着物)〈部分〉

《一刻》(漂着物)〈部分〉
檜・柘植・朴、油彩 2005年
(撮影:長塚秀人)

《一刻》(螺旋人間)

《一刻》(螺旋人間)
栃、油彩 2014年

0829-40-3001

休館日

    • 休館日は展覧会ごと設定されております。詳しくは、開館日カレンダーをご覧ください。
    • 各展覧会前後は展示替えのため数日間休館します。
    • 冬期休館(12月9日~2020年3月上旬)

カレンダー

休館日 イベント日

2019年度展覧会日程

※展覧会の内容は変更になる場合があります。
※展示会のタイトルはすべて仮称です。

 開催中  会期:3月9日~4月21日
華やぎアート展~エミール・ガレとミュシャを中心に~

 開催前  会期:4月26日~6月30日
"超絶技巧の木彫アート"
前原冬樹 木彫 一木に刻む時の記憶

 開催前  会期:7月5日~9月8日
浅尾省五動物写真展~みんなともだち~

 開催前  会期:9月13日~12月8日
日本絵画 美の再発見!~大観、松園を中心に~

facebook