2018年展覧会

春うらら 季節の情趣あふれる日本絵画展

 終了   春季展覧会【本館】

期 間:3月10日(土) ~ 4月22日(日)

春うらら
季節の情趣あふれる日本絵画展

口元に袖を寄せて、散り急ぐ花をながめふと感傷にひたる佳人、春の野に出でて摘み草に興じる女性の姿、可憐かつ神秘的な趣きで咲き誇る桜の大樹…
本展では、近現代の日本絵画の中から、上村松園の《桜可里》《舞仕度》《春》や、中島千波《醍醐の桜》など、伝統とモダンが融合した美人画や春らしい花鳥画など、季節の情趣あふれる作品を中心に約 70 点を展覧します。

【休館予定日】
月曜日(ただし祝休日は開館 )

【展示替え休館】4月23日(月)~26日(木)

吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画

 終了  特別展【本館】

期 間:4月27日(金)~7月1日(日)

よしむらよしよしむらたいせい 365日エンピツ画

写真と見紛うような、いやそれ以上の現実感を湛えた独特の画世界によって、見る者に強烈なインパクトと感動を与える吉村芳生(1950-2013)。
その誰にも真似できないと思われる超絶技巧を、息子・吉村大星(1992-)は、独自の表現として深化させつつあります。同じ手法で異なる境地を示す吉村親子の競演をご覧ください。

【休館予定日】
月曜日(ただし祝休日は開館 )

【展示替え休館】7月2日(月)~5日(木)

~夏休み企画~
アートの中の秘密をさがそう!展

 開催中  夏季展覧会【本館】

期 間:7月6日(金)~9月30日(日)

アートの世界を探検しよう!
~鑑賞入門 第10弾~

アートの中には秘密がいっぱい!きれいな女の人の絵だけど、どこか普通と違うような…。
透き通る白い肌の女性、本の中から立ち現れる足が見えない女性。いったい何者?
描かれた人物の謎に迫るコーナーや、絵の題名を当てる「タイトルしりとり」、複数の絵に共通する言葉を見つける「キーワード探し」など、いろんなテーマでアートの世界を楽しみましょう!
主な出品作家は、横山大観、上村松園、黒田清輝、有元利夫、森本草介、籔内佐斗司など。
会期中、自然空間をアートに変える藤江竜太郎の野外作品も公開するほか、ゆらゆら動く蝶を作るワークショップも開催します。

【休館予定日】
月曜日(ただし7/16・8/18・9/17・9/24は開館 )

【展示替え休館】10月1日(月)~4日(木)

 開催前  秋季展覧会【本館】

期 間:10月5日(金)~12月9日(日)

シャガールとエコール・ド・パリの画家たち展

華やかな色彩と、自身の人生の物語や故郷の風景を主題とした作品で知られ、いまなお世界的に愛好されている芸術家マルク・シャガール(1887-1985)。
シャガールがはじめて手がけた色彩リトグラフによる版画集《『アラビアン・ナイト』からの四つの物語》(1946年〈1948年刊行〉)は、「千夜一夜物語」の名前でも知られる中世イスラム世界で編まれた長編説話集の中から、シャガールが四つの物語を選び、印象的な場面を絵画化したものです。本展では、完成までに重ねられる段階のすべての試し刷りが添えられ、普及版には付されていない13番目の作品がそろった特装版を公開。シャガールの色彩リトグラフの最高傑作として名高い絢爛たる色彩を誇る《ダフニスとクロエ》(1957-60年〈1961年刊行〉)全42点とあわせて、新収蔵初公開いたします。
また、ユトリロ(1883-1955)や藤田嗣治(1886-1968)らエコール・ド・パリの画家たちの作品のほか、ヴラマンク(1876-1958)やピカソ(1881-1973)などパリで活躍した画家たちの作品もご紹介いたします。藤田嗣治の壁画《大地》(1934年)や、ジョアン・ミロ(1893-1983)のタペストリー作品《マングース》なども出品。見どころ満載の展覧会です。

【休館予定日】
月曜日(ただし10月8日・11月5日は開館 )

常設展

常設展 【新館展示】※全期間ご覧いただけます。

マイセン磁器(約80点展示)
ヨーロッパで最初の硬質磁器として誕生して以来、約300年以上の長い歴史と伝統を有するマイセン磁器。初期の東洋趣味から、華麗で優雅なロココ主義、歴史主義の作品までマイセンの歴史をたどることができます。

アール・ヌーヴォーのガラス作品(約60点展示)
19世紀末、アール・ヌーヴォーの装飾様式によって花開いたガラス芸術。ガラスの新しい技法開発に寄与し、芸術的表現を追求したエミール・ガレを中心に、ドームやミュレール兄弟など、ナンシー派の作家による作品を展覧。

幕末・明治期の薩摩焼(約20点展示)
19世紀から20世紀初頭にかけて、金彩をふんだんに用いた装飾様式が好評を博し、特に海外で高い評価を得た薩摩焼。世界を風靡した、幕末・明治期の薩摩焼をご堪能いただけます。

冬季休館

冬期休館

期 間:12月10日(月)~ 2019年3月上旬(予定)

ウッドワン美術館は積雪の関係上、冬期休館させていただいております。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。 なお、休館中も、お問合せカフェ・ショップはご利用いただけます。

※ 展示内容等、予定は変更になる場合がございます。

0829-40-3001

休館日

    • 休館日は展覧会ごと設定されております。詳しくは、開館日カレンダーをご覧ください。
    • 各展覧会前後は展示替えのため数日間休館します。
    • 冬期休館(12月中旬~翌3月上旬)

カレンダー

休館日 イベント日

2018年度展覧会日程

春季展 会期:3月10日~4月22日  終了 
春うらら 季節の情趣あふれる日本絵画展

特別展 会期:4月27日~7月1日  終了 
吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画

夏季展 会期:7月6日~9月30日  開催中 
アートの世界を探検しよう! ~鑑賞入門第10弾~

秋季展 会期:10月5日~12月9日
シャガールとエコール・ド・パリの画家たち展

facebook